海老司法書士事務所

ご挨拶

司法書士 海老憲一

 こんにちは。司法書士の海老憲一と申します。

 いやいや、唐突に「司法書士の」と名乗られても、一体何をする人なの?、なんかカクカクした名前で小難しそうだなぁ、シホウショシってシが多くて樹木希林みたいねぇ、などとお思いになる方もいらっしゃるでしょうから、当事務所のホームページでは、業務内容や費用の目安をできるだけ分かりやすく記載させていただきました。

 相続・借金問題など暮らしの中で身近に起こりうる法律問題について、司法書士がお手伝いできることはたくさんあると思いますので、ぜひご覧くださいませ。

 さて、私は19才の時、映画「ギターを持った渡り鳥」の小林旭に憧れ、縁もゆかりもない函館にやって参りました。(風貌はどちらかというと寅さんですが。)来た当初は住むところもなく、旧函館駅のベンチで寝泊りしながら、職を探しあてどなく街を彷徨うという状態だったのですが、気付けば、函館の数多くの人に支えられながら10年以上が経ち、友を得、家族を得、自分にとってこの街がかけがえのない場所になりました。

 そしてそんな函館の中でも最も美しい街並みを残す西部地区の十字街という伝統のある場所で、司法書士として街と寄り添いながらお仕事をさせて頂くことができる喜び、誇りを胸に抱きつつ、誠心誠意、皆様のお役に立てるように日々の業務に臨みたいと思います。

 また、「街と共に生きる」法律家である以上、「街と共に去りぬ」といったことがないよう、公私にわたり函館の街の活性化にも尽力する所存でございますので、よろしくお願いいたします。

※ホームページに記載の料金は全て税別です。